社会福祉法人ミドリ保育園

たくさんの自然に囲まれ、
子どもたちはのびのび元気に遊んでいます。

社会福祉法人 ミドリ保育園

ごあいさつ

福祉を通じ豊かな地域社会の創造、発展に貢献します。

社会福祉法人ミドリ保育園 理事長 塚野 登

乳幼児期は、生涯にわたる生きる力の基礎が培われる時期であり、それは、さまざまな能力が育つ時期だと言われています。
子どもが主体的な遊びを通して学ぶ「遊びが学び」を原点とし、幼児教育で特に大切とする自己肯定感、コミュニケーション能力、思いやりの心を育むことです。
 幼児期で大切なことは、何かを知っているという知識ではなく、何かを知りたいと興味関心を抱くことです。さまざまな事を体験し、興味、関心を持つそのことが、子どもが主体的な遊びを通して学びにつながることと思います。
 この大切な時期に、子どもが健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるように、心身ともに明るく健康な子どもたちに育てていきたいと思っています。
なお、平成29年4月1日より放課後児童クラブを開設しました。
児童クラブ開設により子どもたちはこれまで以上に遊びを通してたくさんの事を経験し学んでいます。
 未来にはばたく幼い子が、豊かな感性や素直な思いやりの心を持ち、伸び伸びと育って行けるよう、質の高い保育を提供して行きたいと思います、保護者の皆様方には今後とも暖かいご支援、ご協力をよろしくお願い致します。

理事長 塚野 良平

法人理念

一.私たちは、福祉を通じ豊かな地域社会の創造、発展に貢献します。
一.私たちは、子どもたちの最善の利益を守り一人一人を大切にします。
一.私たちは、法令遵守し個人の基本的な人権を尊重します。
一.私たちは、「遊んで・学んで・心を育てる」をモットーに保育をします。

沿革

昭和49年2月
社会福祉法人ミドリ保育園設立
昭和51年4月
ミドリ第二保育園設立
平成24年3月
ミドリ保育園設立 新園舎完成
平成29年4月
ミドリ保育園・ミドリ第二保育園幼保連携認定こども園へ移行
園名をミドリ保育園からミドリ光と風こども園へ変更
ミドリ第二保育園からミドリの杜こども園へ変更
放課後児童施設「ミドリ児童クラブ Dragonfly」設立